診療科目MEDICAL

メンテ不要のコンタクトをインプラント 眼内コンタクト(ICL)治療

  • 手術直後から視力回復を実感
  • 強度近視の方も治療が可能
  • 痛みのない手術!
  • すぐ終わる手術!
  • 早く治る手術!

こんな悩みを解決します!

  • 目覚めた時から視界はすべてぼんやり
  • メイクの時に鏡に映る顔が見えない
  • スポーツの時にメガネが邪魔
  • マスクをするとメガネが曇る
  • 海やプールでは存分に楽しめない
  • ドライアイでコンタクトがもうツライ
  • 大きな災害時にとても不安

眼内コンタクトレンズ(ICL)治療のイメージを動画で見る

手術の概要

ICL手術はワンランク上の視力矯正

ICL(Implantable Collamer Lens)手術とは、眼の中に小さなレンズを挿入して「近視」「遠視」「乱視」を矯正する治療法です。眼内にレンズを入れるため交換する必要がなく、長期間にわたって良好な視力が維持されます。ICLの先進国はヨーロッパで、1997年から実施され、アメリカは2005年からの実施で症例数は37万件以上となっています。日本では2010年に厚生労働省の認可(薬事承認)を受けて、全国約100の認定クリニックで手術が受けられます。北海道では当クリニック(札幌と釧路)を含めて5か所が認定クリニックとなっています。その中でも高柳総院長は、道内で初めてICLの認定医資格を取得していますので、ICL手術では一番長い経験を持っています。

ICL手術認定書

レーシックよりも術後の安全性が高い近視矯正手術です

レーシックは、角膜の表面を薄く・広く切ってめくり(フラップ作製)、そこにレーザーを照射して角膜の厚みを変化させて近視を矯正します。そのため手術後は、削ってしまった角膜をもう元に戻すことはできません(非可逆的手術)。ICLは、小さなレンズを眼の中にインプラント(埋植)する手術ですから、加齢にともなって白内障になった時には、レンズを取りだして通常の白内障手術を受けることができます(可逆的手術)。
ICL手術は、特に以下の方におすすめします。

  • 近視が強い方
  • レーシックが受けられない方(近視が特に強い方、角膜が薄い方)
  • ドライアイの方

手術の方法と流れ

手術の方法

ICL手術をご希望されますと、現在の目の状態をお調べする術前検査と担当医師による手術の説明があります。

STEP 1

点眼薬で麻酔をします。麻酔後に角膜を3mm切開して、折りたたんだICLレンズを挿入します。

STEP 2

ICLレンズが眼内でゆっくりと広がります。

STEP 3

ICLレンズを虹彩と水晶体の間に移動させます。

STEP 4

ICLレンズは虹彩と水晶体の間に置かれますので目の中にレンズがはいっているとはわかりません。手術は両眼で20分弱ほどで終わります。

裸眼視力を取り戻す流れ

STEP 1
ICL手術を受けることが可能かどうか診察と検査をします
(術前検査)視力検査、屈折検査、眼圧検査、角膜形状解析、眼軸長測定、前房深度測定
STEP 2
手術日の決定と手術当日の流れをご説明します
STEP 3
手術日に眼の状態を再度チェックします。問題がなければ瞳を大きく広げる〝散瞳薬〟を点眼して手術に備えます
STEP 4
手術~両眼で20分弱で終わります
STEP 5
手術後の注意点をご説明します。その後すぐにご帰宅できます

5つのメリット

1 色鮮やかな見え方

眼の中にインプラントした高彩度なICLレンズによって近視や乱視を矯正するので、手術後の早い段階から良好な裸眼視力が得られます。

強度近視眼に対するシミュレーション(STAAR Surgical社内資料)

ICLレンズ
ICLレンズ
レーザー角膜矯正
レーザー角膜矯正

2 レーシックの適応外をカバー

強度近視眼に対するシミュレーション(STAAR Surgical社内資料)

角膜を削るような手術方法ではないので、レーザー手術では治療の難しい「強度近視の方」「角膜が薄い方」「角膜形状不正の方」も手術が行なえます。※2

※2 術前検査の結果により、利用できない場合があります。
※3 術前データの数値によって矯正量は異なります。

アイシーエルKS-APの矯正量 ※3

3 長期安定性と可逆性

ICLレンズは、治験結果から治療の有効性と安全性が認められ、2010年に厚生労働省から高度管理医療機器として認可されたレンズです。コラーゲンを含んだ生体適合性の高い素材のため、体から異物として認識されません。そのため、長期間にわたってレンズとしての機能を果たしていきます。また、インプラントしたICLレンズは必要に応じて取り出すことができますので、ICL手術を受ける前の眼の状態に戻すこともできます。

4 ドライアイリスクの軽減

レーシック手術では角膜を削り知覚神経を切断してしまうために、角膜刺激による涙の分泌が減ってしまいます。その結果、ドライアイになります。ICL手術は、3mmというわずかな切開創(傷)ですので、ドライアイを発症するリスクはとても低いものです。

5 UV(紫外線)をブロック

ICLレンズには有害な紫外線をカットする「紫外線吸収剤」が含まれています。そのため、紫外線A波・B波をブロックします。紫外線によるダメージが目の奥に蓄積すると眼病の原因になるといわれますから、目の健康にもやさしいレンズです。※4

※4 ICLレンズはUV吸収サングラスの代わりにはなりません


ICL手術は日帰り手術です

ICL手術は点眼麻酔だけで行なわれ、切開創も3mmと小さく、術後すぐに視力が回復しますので、入院の必要のない日帰り手術です。
このICL手術を行なうには「正しい知識」「豊富な経験」が必要になるため、日本眼科学会と眼内レンズメーカーSTAAR社指定の研修を受けて認定された医師だけが行なえる手術です。高柳総院長は、北海道で初めてICL手術認定資格を取得しました。ですから、北海道でICL手術数を最も多く行なっている医師です。

ICL認定医システム

スタージャパン株式会社公式サイトへ

北海道で初めてICL手術認定資格を取得したことが新聞にも掲載されました
クリックで拡大

よくあるご質問

この他の疑問や不安があればお電話ください!

治療前の不安について

インプラントする眼内コンタクト(ICL)とはどんなレンズですか??

眼内コンタクト(ICL)で使用されるレンズは、コラーゲンを含む生体適応性の高い素材で作られています。この素材は眼の中で異物として認識されにくい優れた素材です。さらに紫外線カット機能も含まれています。角膜よりも内側にインプラントされ、レンズに汚れがつくことがありませんので、メンテナンスの必要がありません。

眼にインプラントする眼内レンズはどのくらい使えるの??

レンズが劣化することもありませんので、定期的にレンズを交換するような必要もありません。いわば一生使えるコンタクトレンズのようなものです。

眼内コンタクト(ICL)が眼の中で割れたり、ずれたりすることはありませんか??

レンズは柔らかい素材ですので、眼内で割れることはありません。ただし、球技で眼にボールがぶつかったり、格闘技で激しく眼をぶつけた場合はまれにレンズがずれてしまうことがあります。その際はレンズを元の位置に戻せば問題ありません。

どのくらい視力が回復しますか??

眼鏡での矯正視力値が目安となりますが、術前の検査の結果、眼球の特徴、お仕事や趣味などのライフスタイルを含めて、医師が総合的に判断して最善の回復度数を決定します。医師とのカウンセリング時にお尋ねください。

乱視は治りますか??

5D(単位:D=ディオプター)までの乱視は矯正可能ですが、詳しくは医師とご相談ください。

カラーコンタクトレンズを使用しています。ICL手術後も使うことはできますか??

眼球の表面(角膜)の状態は変わりませんので、手術の傷が治った術後1か月以降であれば手術前と同様にカラーコンタクトレンズを使用することができます。

インプラントした眼内レンズは一生そのままですか??

見え方に違和感があったり、なにか不都合を感じた時には、取り出し(抜去)が可能です。抜去後は手術前の眼の状態に戻ることができます(可逆性手術です)。

両眼を同時に手術して大丈夫なのですか??

眼内コンタクト治療は、白内障手術を応用した技術です。当院は、2万例を越える白内障手術実績を持ち、さらにその実績を日々更新しています。また、30年に及ぶ手術実績に基づく独自の技術革新と、最先端の医療機器の組み合わせによって、高度で安全な手術システムを確立しています。手術の傷をより小さく、眼に負担のない「超低侵襲手術」に加えて、再生医療も備えておりますので、これまでに重大な手術後の合併症は起きておりません。

手術は痛いですか??

点眼による麻酔を行ないます。無痛の手術で、出血もありません。手術中は医師と会話しながら進んでいきますので、リラックスした状態で、手術はあっという間に終わったと仰る方が大半です。

いま他の眼科や他科に通院加療中ですが、手術はできますか??

病気や処方内容(服用期間・種類・量)によっては、手術が難しい場合もあります。以下の項目を診療情報提供書として主治医に記載していただき、検査当日にお持ちください。

◆診療情報提供書に記載していただく項目
1.「診断名」「これまでの治療経過」「現在の症状」
2.お薬の「服用期間」「種類」「量」
3.老眼治療(同時白内障手術)の許可

※当院での適応判断以外に、現在の治療に影響を与えないかどうか、通院先の先生に よる確認が必要になります。上記の内容が記載されている診療情報提供書であれば、特 に書式は問いません。通院先の病院でご用意していただいたものをお持ちください。

手術に年齢制限はありますか??

基本的に20歳~35歳くらいの方が適応です。35歳以上の方は老眼が始まっている可能性もありますので、この治療がベストかどうかご相談ください。

何回通院する必要がありますか?

手術前後の過程は以下の5つで、合計5回の通院が必要です。

  1. 手術前の適応検査とカウンセリング
  2. 手術
  3. 手術後の翌日検診
  4. 1週間後の検診
  5. 1か月後の検診

(1)1回目のご来院は、手術ができるか否かを見極める適応検査と手術の説明です。所要時間は約2時間です。手術適応の場合は、いつ手術が可能か日程のご相談をします。
(2)2回目のご来院は、手術当日です。手術は20分弱で終了しますが、手術前の準備や、手術後の休息時間なども含めて、2時間程度の予定を目安にお越しください。
(3)3回目のご来院は、手術の翌日です。術後経過の検診を行ないます。
(4)4回目のご来院は、手術1週間後です。術後経過の検診を行ないます。
(5)5回目のご来院は、手術1か月後です。術後経過に問題がなければ、これで通院は終了です。
※定期検診費用、お薬代は、手術費用にすべて含まれております

レーシックを以前受けていますが、眼内コンタクト(ICL)治療を受けることは可能ですか?

可能です。角膜の薄い方でも治療可能なことが眼内コンタクト(ICL)治療の特徴の1つです。

手術で失明することはありませんか??

眼の手術ですのでご不安かと思いますが、失明することはありませんのでご安心ください。ただし、2mm程度ですが切開をしますので、術後は医師の指示や注意事項をしっかりとお守りください。

適応検査について

手術前の検査は、どのような検査があるのですか??

屈折検査(近視や乱視、遠視の度数測定)、裸眼視力、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズの度数確認)、眼圧、角膜形状解析、ICLを入れるスペースが十分あるかを確認する前眼部解析、医師による眼の病気有無検査と眼底検査などがあります。また、医師との充分なカウンセリングは大変重要です。不安な点や疑問点など、納得いくまでご相談下さい。所要時間は約2時間です。

検査の時にコンタクトレンズを付けていても大丈夫ですか??

コンタクトレンズによる角膜圧迫変形から戻すために、検査と手術前は、コンタクトレンズの装用を中止して頂く必要があります(使い捨てコンタクトも同様)。

コンタクトレンズ装用中止期間
ソフトコンタクトレンズ(近視・遠視用) 検査日・施術日の1週間前から
乱視用のソフトコンタクトレンズ 検査日・施術日の2週間前から
ハードコンタクトレンズ 検査日・施術日の3週間前から
連続装用コンタクトレンズ [ソフトコンタクトレンズ]
◆1ヶ月連続装用タイプ
検査日・施術日の1カ月前から
◆1ヶ月連続装用タイプ以外
検査日・施術日の2週間前から
[ハードコンタクトレンズ]
◆1ヶ月連続装用タイプ
検査日・施術日の1カ月前から
◆1ヶ月連続装用タイプ以外
検査日・施術日の3週間前から
オルソケラトロジーコンタクトレンズ 検査日・施術日の3カ月前から
検査の時はメイクをしていても大丈夫ですか??

検査当日はメイクをしてご来院されても問題ありません。ただし、目元は薄めにしてください。

検査の時はクルマで行っても大丈夫ですか??

瞳孔が広がる目薬を使用して検査を行ないますので、点眼薬使用後5~6時間は手元が見えづらく、光がまぶしいといった状態が続きますので、お車ではなく電車やバスなどの公共交通機関でお越し下さい。

費用について

手術料金は片眼のものですか?それとも両眼のものですか??

手術料金は両眼の費用です。

手術費用についてはこちらから>>

健康保険は利きますか?また、生命保険金の対象になりますか??

健康保険の利かない自由診療となります。検査から手術費用まで、かかる費用の全額が手術を受ける方のご負担になります。

手術費用の支払いは、クレジットカードでも大丈夫ですか??

各種クレジットカードがご利用いただけます。また医療ローンもご用意しておりますので、当院スタッフにお尋ねください。

手術後の定期検診は手術代に含まれているのでしょうか??

手術費用には、薬代のほかに、手術後の検診代等が含まれております。手術後の通院につきましては、通常、手術後翌日、1週間後、1か月後の検診を行なっております。

手術について

入院は必要ですか??

入院の必要はありません。日帰りの手術です。消毒や処置を含めても両眼で20分弱ほどの手術時間です。

麻酔は使いますか??

注射による麻酔ではなく、点眼による麻酔(目薬)になります。目薬と同じように点眼すると、数秒後には痛みを感じなくなります。

手術中は手術の様子が見えるのでしょうか?

手術中に使われる器具などは一切視界には入りません。手術用顕微鏡の照明が白く見える状態が続く程度です。ご安心ください。

手術後について

手術後は一人で帰れますか??

手術による炎症や薬などの影響で多少ぼんやりとした見え方ですが、公共交通機関を利用してお一人でお帰りいただけます。

仕事は何日、休まなければいけませんか??

手術後は特に安静にする必要がありませんので、デスクワークなどのお仕事はすぐに可能です。屋外での体力を使うハードなお仕事の方は、2~3日は休める環境を整えていただいた方が安心です。体に負荷のかかるハードなお仕事の方は医師にご相談下さい。

メイクはいつからできますか??

手術の翌日から目元以外のメイクは可能です。アイメイクは2日目以降、まつ毛エクステなどは術後1週間以上経過後から可能です。

入浴・シャワーはいつから大丈夫ですか??

手術当日は入浴・洗顔・洗髪ができません。顔は眼の周りを避け、濡れたタオルで軽く拭く程度にして下さい。また、肩から下のシャワーは可能ですが、絶対に眼に水が入らないようにして下さい。施術翌日の診察で問題が無ければ入浴・洗顔・洗髪は可能です。1週間は眼に汗や石鹸水などが入らないよう十分ご注意下さい。

洗顔 洗髪 シャワー 入浴 運転 化粧
手術前 × ×
手術後 × ×
首下
× × ×
術後1日目 ×
目元以外
術後2日目
術後3日目

横にスクロールできます

車やバイクの運転はいつから大丈夫ですか??

運転は基本的に4日目から可能です。手術後2日目から視力が出ている方はご自身の判断で運転していただいても構いません。ですが、夜間は光が眩しく感じることもありますので、夜間の運転は手術後1週間程度は避けていただくのが安心です。

スポーツはいつ頃からできますか??

ジョギングやゴルフなどの軽い運動は1週間後から可能です。接触の強い激しいスポーツ(ラグビー、柔道、格闘技)やボールが眼にぶつかる可能性のあるスポーツ(野球、テニス、ハンドボールなど)や水泳は1か月後から可能です。

食事や飲酒に制限はありますか??

食事の制限はありません。アルコールは手術後4日目から大丈夫です。

眼はこすっても大丈夫ですか??

術後1か月の定期検診までは、眼を強くこすったり、押し付けたり、ぶつけたりしないようにご注意ください。

手術後のハロ・グレアとは何ですか??

夜間に光がにじんで見える現象をハロといい、眩しく見える症状をグレアと呼びます。 これらの症状は、暗くなると多くの光を取り入れるために瞳孔が開くことに関係しています。
眼内レンズの構造上の特徴として、このハロ・グレア症状が出ることがあります。特に手術直後は、手術前の見え方を脳が記憶していますので、ハロ・グレアを感じやすくはなりますが、徐々に慣れていくことがほとんどです。