診療科目MEDICAL

SLTレーザー治療

外科手術の回避・症状遅延や目薬低減を目指す治療です。

  • 治療時間は5〜10分程度です
  • 痛みはほとんどありません
  • 繰り返しの治療が可能です
  • 副作用はほぼありません
  • 日帰りの外来治療(入院不要)です
SLT
SLTは道内には数台しかありません
道東エリアでは当クリニックのみ
眼科用パルスレーザー手術装置
SLTは入院が不要な治療です。
眼科用パルスレーザー手術装置
医療機器承認番号:22100BZX01111000

詰まっている排水口のフィルター(線維柱帯)にレーザーを当て目詰まりを掃除して房水の排出を促進する治療です。

治療前
治療中
治療後

開放隅角で眼圧の高い方がよい適応です。
また「点眼を忘れやすい方」「色素沈着」「多毛」「上眼瞼溝深化」などの副作用で点眼治療のできない方や刺激感やかすむため「点眼しづらい方」もよい適応となります。
同日に両眼とも治療が可能です。

この治療によって、アイファガン点眼液( 一般名: ブリモニジン酒石酸塩)などのα2刺激薬が不要になります。

※当院の減薬一例です。目薬が不要になるかは症状によって異なります。

隅角光凝固術(SLTレーザー治療)

健康保険1割負担の場合片眼 約10,000円
健康保険3割負担の場合片眼 約30,000円

※治療時間は症状によって異なります。※詳しくは、当院の医師またはスタッフへご相談ください。

毛様体レーザー治療

非切開で短時間の日帰りレーザー治療です。

  • 治療時間は15分程度です
  • 治療効果が長時間持続します
  • 繰り返しの治療が可能です
  • 副作用はほぼありません
  • 日帰りの外来治療(入院不要)です
クラス分類Ⅲ 高度管理医療機器
毛様体レーザーは入院が不要な治療です
クラス分類Ⅲ 高度管理医療機器
医療機器承認番号:22900BZX00121000

毛様体を弱らせて房水の産生を抑制して眼圧を下げる作用と房水の排水を促進させる2つの作用が期待できる治療です。

治療前
治療中
治療後

眼圧を下げる最終手段ともいえる治療です。
難治性緑内障が適応となり、血管新生緑内障・続発性緑内障・発達緑内障・無水晶体眼緑内障などが適応になります。
両眼とも治療が必要な方は、2週間の間隔を空けて片眼ずつの手術となります

この治療によって、ニプラジロール点眼液( 一般名:ニプラジロール液)などのβ遮断薬が不要になります。

※当院の減薬一例です。目薬が不要になるかは症状によって異なります。

毛様体光凝固術 治療費用 (毛様体レーザー治療)

健康保険1割負担の場合片眼 約6,000円
健康保険3割負担の場合片眼 約18,000円

※治療時間は症状によって異なります。※詳しくは、当院の医師またはスタッフへご相談ください。